文部科学省特別教育研究経費(大学間連携経費)京都大学・名古屋大学・九州大学「物質合成研究拠点機関連携事業」平成17年度−21年度 English


Home>概要

概要


この事業はあらゆる基礎学問の進歩と新技術開発の基盤となる「物質合成研究」において世界をリードするための新たな機関連携研究体制を構築することを目的として、平成17年4月から、文部科学省特別教育研究経費(大学間連携経費)により、京都大学化学研究所附属元素科学国際研究センター、名古屋大学物質科学国際研究センター、九州大学先導物質化学研究所が中心となり、3大学により開始されたもので、5年の事業期間が予定されています。また、これは約10年前に、名古屋大学、九州大学、京都大学にて順次発足した中核的研究拠点(COE)形成プログラムの研究グループが連携し、各拠点のこれまでの成果を基に物質合成研究の中核的研究拠点の中の「中核」を形成しようとするもので、目標達成に向けて、各大学に連携推進ラボを設置して「組織横断型研究課題」と若手研究者が提案する「テーマ提案型研究課題」を実施します。さらに、大学院生を含む若手研究者の育成も同事業の重要課題の一つとして推進され、幅広い知識と複眼的思考を備えた次世代を担う人材を育成します。

先導的物質合成研究の形態

文部科学省特別教育研究経費 物質合成研究拠点 Copyright 2005